FC2ブログ
猫とワタシ

きっと明日は・・・

きっと明日は 良い事あるって 信じたい

この記事のみを表示する娘のお雛様

心のままに

久々に出しました
娘のお雛様


20180227.jpg


数年前までは毎年出していたけれど
最近は納戸に入れたまま
けれど今年はどうしても見たったのです
だって父と母から贈られた大切なお雛様だから


20180228.jpg



先ずは更新が滞り
コメント頂いた方々に本当に「ごめんなさい」とお伝えさせて下さい

前記事からの続きが書ける日を
どうか良い報告が出来るようにと願っていたけれど
難しくなってしまいました

1月末 父が肺炎で入院になりました
最初の予定では2週間
けれど担当のDrからは入院時以来 何の説明も無く
看護師さん達から情報を得ていた私達姉妹
やっと最近状況説明とこれからの事を聞いたのですが・・・

私自身 現状は受け止めつつも
半分は受け止めきれていない・・
いや 受け止めたくない自分と葛藤しています

「人としての尊厳」

大切なのは私達の想いより
父にとって最善な事

それでも やっぱり難しいです


コメントの投稿

secret

くまおさんへ☆くまおさんへ☆

多分ホームに居た時から肺炎になってたのかもしれないわ
入院する前から何度も体調を崩して
発熱する事が多かったの
その度に委託医が診てはくれてたらしいんだけどね
この事に関しても私的には不信感持ったままでさ

病院のDrやソーシャルワーカーさんからしたら
数居る患者の中の1人であるけど
患者と患者の家族からしたらたった1人のDrなんよね
それを今回痛感したわ
仕方ない事だってのも分かってるけど
もしそれが自分の家族でも
同じように同じ事を言うのかなって

今日も父に会ってきたわ
私達の選択は もしかしたら父を苦しめてるのかもしれないわ
「人としての尊厳」
難しいね

ふたばさんへ☆ふたばさんへ☆

今年は一段と愛らしく思えるんですよね
本当はお節句過ぎたら直ぐに片づけてあげないといけないのですが
まだそのまま出してあります
もう少しだけ良いですよね?w

父の事では色々お言葉頂いて本当にありがとうございます
肺炎で入院し治療をしてもらっていた間に
嚥下機能が低下し機能訓練もしたのですが
取り戻す事は出来ませんでした
だからもう「食べる 飲む」という行為は
出来なくなってしまいました

前回の記事の通り
医師から3つの選択肢を告げられ
今は点滴で栄養を送っている状態です
けれどこれにも限界が・・・

父はどう思っているか
父はどうして欲しいか
毎日頭のどこかで考えてるワタシが居ます

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

綺麗なお雛様ですね綺麗なお雛様ですね

お雛様…明日は桃の節句ですね〜
娘さんの雛人形…綺麗!
華やかなで皆さまいい表情をしてます
やはり一年に一度は出してあげたいですね

お父さまのこと…
病院を替えた方がいいのでは?と。
すみません、何もわからずで…
なんの話もないままなんて。
肺炎も恐いですから
いろんなことを受け止めることも大切ですが
自分の信念?思うことを貫いてあげるのも
私は大切だと思います
お父さまのこと思ってるのは家族が一番だと
私の父も20年以上も前に桃の節句の日に
旅立って行きましたが
最後はきっと幸せだったと思っています
家族だからわかります。。。
だから…

どうか快方に向かいますように。
namiさんの願いが届きますように…

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます